CONCEPT

コンセプト

港町神戸を高台から見守る異国情緒漂うまち

明治の開港当時から、
外国人住宅が立ち並び栄えてきた神戸・北野。
神戸港を見渡す六甲山麓の環境の良い一帯には、
和洋の建築スタイルが融合した独特の「異人館」が、
点在する日本家屋と混ざりあって建てられ、
和洋折衷の「雑居地」と呼ばれる重伝建地区にも指定される異国情緒あふれる街並みが形成されていきました。

オーセンティックな異国情緒を纏う異人館。

港町として知られる神戸のまち。
その賑わいは海側の旧居留地を中心に開かれ
今なお人の往来は港に面したエリアに集まる。
貿易のために神戸を訪れ、住むこととなった諸外国の人たちは山手に暮らしの場を求め、北野は開かれていくこととなる。
当時の歴史や文化に触れるなら、山手の北のエリア。重要伝統的建造物群保存地区として、今なお異人館が残る。
異国情緒あふれる通り、山本通りを東に抜けると
ドイツ人の貿易商だったクルペ氏の私邸がある。

明治時代のこの邸宅は、木目を基調とし、深紅のファブリックが他の異人館とは違った異国情緒を演出している。
調度品の重厚感、アンティークな趣をあしらう空間はフォトジェニック。
クラシカルな印象に日本の情緒が融合する。
海外の邸宅でのアットホームなパーティを思わせるそんなウエディングパーティ。
ここでの結婚式の風景は、シネマティックな映像のように生涯忘れることのできない思い出として、花嫁の心に残る。

1日2組限定の特別なご結婚式。
まるで自宅へ招くようなパーティーは
100組100通りに彩られます。

実際の結婚式をみる

北野異人館 旧クルペ邸の魅力

KULPE HAUS WEDDING

今もなお残る100年以上愛される異人館

ウエディングタウンとも呼ばれる、神戸・北野。明治の開港当時から栄えている重要伝統的建造物群保存地区に、今もなお残る100年以上愛される異人館

調度品の重厚感、
アンティークな趣をあしらう空間

調度品の重厚感、アンティークな趣をあしらう空間で、クラシカルな印象に日本の情緒が融合する、異国情緒あふれる特別な時を過ごす

1日2組限定の貸切で叶う結婚式。

1日2組限定の貸切で叶う結婚式。会員制のレストラン『セントジョージャパン』としても愛されてきたおもてなし

 

BRIDAL FAIR注目のブライダルフェア

 
ムーア邸